相続人の確定ってどうやるの? - どうする?相続人の確定

相続人の確定ってどうやるの?

誰かが亡くなったとき、次に考えないといけないのは「相続」のことですよね。
故人が残した現金や不動産、ときには借金などの負債を、誰かが引き継ぐことです。
これをやる人のことを相続人と言いますが、誰が相続人になるのか、どうやって確定するのでしょうか?

これについては基本ルールが決まっていますので、それに沿って対象者の候補を確認し、その中で確定する形になります。
基本的には故人の身内で、配偶者や子供などの方達が、その候補者です。
この中で誰が実際に相続するのか、それは法律で優先順位が決まっていますので、それに照らし合わせてもっとも適切な方が相続人に確定します。

このように対象者を絞り込めれば、相続人の確定は比較的簡単です。
ちなみに、故人による遺言書があり、親族以外の方や、相続権のない遠い親戚の方に相続をさせたいとの意思表示があれば、それも適時尊重されます。
遺言書があるときは相続人の確定にも影響しますので、遺品整理のとき、遺言書がないかどうか、よく確認するといいでしょう。

このような流れになる相続人の確定ですが、誰が対象者になるのかわからなくて困っているという声も多いです。
そのワケは、相続人候補となる故人の親族や血族は、公的に関係があれば全員が対象になるからです。
たとえば故人にはまったく付き合いのない隠し子がおり、認知もされていた場合、その子も漏れなく相続人の候補となり、場合によっては正式な相続人に確定します。
この点を見落としていると、あとで遺産分けをやり直しになるといったトラブルになりがちです。
ですから、相続人の候補を調べる時点で、抜け漏れがないようにしたいのですが、それをやるのが意外と大変なんですね。

付き合いの有無とは関係なく、故人に連なるすべての縁者を調べる方法にも、ある程度の基本ルールがあります。
かなり時間がかかることも多いので、早めに取りかかるのがオススメですね。
相続人に確定しうる故人の縁者は、すべて公的に記録があります。
この記録を調べることが、そのまま相続人候補の調査となるわけです。
この記録に関係性が載っていない方は、どれだけ本人が主張しても、相続人として認められない場合があります。
つまりこの記録が相続人の資格の根拠となりますので、真っ先にコレを調べましょう。

その記録とは戸籍のことですね。
その方がどういう家族構成で、誰とどういう関係があるのか、それを公的に記録した資料です。
出生や移動などの記録もすべて残っており、その方が生まれてから死ぬまでの間に、どこにいて、誰と関係を持ったか、すべてが辿れるようになっています。
普段はあまり見る機会のない資料ですが、故人の縁者を調べるときにはうってつけですよ。

まずはその故人の最後の本籍地をチェックしてください。
その方の最後の戸籍はその本籍地を管轄する役場に置いてありますので、そこで戸籍謄本をもらってください。
生まれてから死ぬまで、まったく戸籍に変化がなかった方はコレ1通ですべての縁者をチェックできますが、実際には違うことも多いですね。
故人の戸籍謄本は、多い方では10通以上になることもあります。
戸籍はいくつかの条件に応じてその都度作り直されることがあり、それだけ個人の戸籍の数も増えていきます。
故人の縁者をすべてチェックし、相続人を確定するためには、故人の戸籍をすべてチェックする必要があります。
相続人を確定するため、出生から死亡まで、一連の戸籍謄本が必要とよく言われるのは、このためなんですね。

故人の戸籍を入手したら、その作成日と、その戸籍が有効だった最終期限日が書かれているか、チェックしてください。
何らかの事情で戸籍が新しく作り直されると、古い方の戸籍は「すでに有効ではなくなった」として、その最終有効期限日が明記されています。
その日付が現在よりずっと古いものなら、今見ているその戸籍謄本よりも後に作られたものがあるはずです。
逆に、その期限日の記載がなく、そしてその戸籍の作成日が比較的新しい場合、それよりも前に作られた古い戸籍があるはずです。
そちらも漏れなくチェックしてください。
なぜなら、古い戸籍の方には当時の婚姻関係や生まれた子供のことが書かれており、その子供は相続人の候補になるからです。

戸籍が作り直されるきっかけは、法律の改正、婚姻、離婚、養子縁組、認知、転籍などです。
これらによって新しく作り直された場合、それを示す記載と、その年月日の日付とともに新しい戸籍が作られます。
少しややこしいですが、こうやって丁寧に見ていくと、複数の戸籍がどのような順番で作られたかがわかりますよ。
そしてそれが、故人の人生の歩みでもあります。

このようにして故人が誰かの子供として出生した戸籍にまでたどり着ければ、それでその方の出生から死亡まで、すべての戸籍を集められ、順番に並べられたことになります。
あとはその戸籍を頼りに、故人に連なる親族・縁者と言える方をリストアップしていきます。
このとき、戸籍から読み取った情報を元に、自分で家系図を作るように図示すると、非常にわかりやすくなります。
このようにして漏れなく故人の親族を確認すれば、あとは法律の規定に沿って相続人を確定できます。