相続人の確定方法はどうなる? - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 相続人の確定方法はどうなる?

相続人の確定方法はどうなる?

身内で死亡した方が出たとき、相続問題が起きますよね。
故人の遺産を身内で分け合うというイメージがあるかもしれませんが、誰が相続人となるかは、法律で決まっています。
この確定方法に沿って、遺産分けを受ける相手を決めるんですね。

法律で決まっているその相続人とは、基本的に故人の配偶者や、血縁関係のある親族となります。
ですから結局は、普段から付き合いのある身内で遺産を分け合う場合も多いでしょう。
ただし、相続人の確定は、付き合いの有無とは関係ありませんので、故人の血縁者となるすべての人間を調べる必要があります。

その調べ方ですが、戸籍謄本のチェックになるのが基本です。
戸籍謄本とは、その家の人間の名前や関係が記されている公的な資料ですね。
古くは家単位で作られていたケースが多かったですが、現在は核家族単位で作られていることが多いです。
コレを見れば、その戸籍にいるメンバーや、別のメンバーとの関係性が明らかになります。
ちなみに、ある人間との親族関係を証明したいときは、この戸籍謄本を使って証明するのが一般的です。
証拠能力の高い公的資料となりますので、相続人を確定するときの資料としても使われます。

相続人の確定に必要な戸籍は、もちろん故人のもの。
これから相続をされる方という意味で、被相続人とも呼ばれます。
この方の出生から死亡までの戸籍をすべて集め、その内容をチェックします。
ここには故人の生きた履歴がすべて載っていますので、子供や配偶者など、相続人の権利がある方の氏名や人数も一目瞭然です。
このとき、自分の知らない親族がいる可能性にも注意してください。
基準はあくまで、この戸籍謄本に載っているかどうかです。
ここに名前が載っており、まだ生存している故人の血縁者は、全員が相続人の候補となります。

その候補者を全員リストアップできたら、その中で法律の規定に沿って候補者に優先順位をつけ、もっとも高い順位がついた方が、故人の相続人として確定しますね。
このような方法になっています。