相続人の確定に必要な書類とは - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 必要な書類とは

相続人の確定に必要な書類とは

相続人を確定するためには、ある書類が必要になります。
それは戸籍謄本です。
遺産相続が起こったら、まずはこの書類を入手することから始めるといいでしょう。
それで誰が相続人になるのか、ハッキリします。

戸籍謄本とは、対象者の家族関係が載っている公的書類です。
役場で管理されており、国内にいるすべての方の記録が残っています。
誰が誰とどういう関係にあるのか、この書類を見ればわかるんですね。

相続人の確定のために必要なのは、今回亡くなった方の戸籍謄本です。
この書類は、亡くなった方のものでも取り寄せられます。
その場合、その方が死ぬまでの間にどういう家族関係の中で生きてきたのか、それを確認できる書類になります。

相続人の確定のためにこれが必要なのは、候補者は故人の家族になるからです。
特に調べたいのは、今回亡くなった方の子供や孫などです。
相続人として最優先される候補者は、故人の子孫になります。
もし子供などいない方なら親が相続人となりますし、そちらもいなければ、兄弟が相続人に確定します。
このように故人の家族関係に応じて相続人は自動的に決まりますから、その関係を証明する書類があれば、誰が今回の相続人になるのか確定できるんです。

そのため、亡くなった方が出たらその方の戸籍謄本をもらいましょう。
これはその方の本籍地を管轄する役場でもらえます。
遠方に住んでいる方が亡くなった場合や、故人が生まれてからの間に出生地を離れて暮らしていた場合など、かなり遠くの役場まで戸籍謄本を請求する形になります。
直接窓口まで行くと交通費がかなりかかりますから、その役場まで郵送をお願いするといいでしょう。

書類が手に入ったら、さっそくそれを確認してください。
これをチェックする中で確認したい順位は、先ほどご紹介したように子孫、先祖、兄弟姉妹の順です。
まずは亡くなった方に子供や孫がいなかったかを調べ、それがいないなら親や祖父母、それもいないなら兄弟姉妹です。
このとき探したいのは、今も生きている相手ですね。
たとえば子供はいたものの、その方より先に亡くなったため、今はもう生きている子孫が一人もいないなら、子供や孫等はいないものとして、次は先祖を探してください。

このように戸籍謄本を手に入れると、亡くなった方の相続人を確定できます。
そしてこれは身内で相続人を確認するときだけでなく、正式な手続きのときにも使います。
確かにその方が今回の相続人だと証明する必要があるときは、その都度これら戸籍謄本が添付書類となりますから、相続が起きたら早めに用意しておくといいでしょう。