相続人の確定に必要な戸籍 - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 相続人の確定に必要な戸籍

相続人の確定に必要な戸籍

相続人を確定するときは、必ず戸籍をチェックします。
それをチェックするまでもなく、間違いなく相続人に確定する方もおられるかもしれませんが、正式な確定には戸籍の確認が必ず必要です。
遺産を相続する権利の根拠は、故人との間には戸籍上の関係があることだからですね。
ほとんど家族同然といった付き合いが生前にあっても、戸籍の上で正式な関係がない場合、相続人にはなれません。

よくあるのが、内縁の妻・夫といった関係です。
同居しており、事実上の配偶者として自他共に認める関係だったとしても、正式に籍を入れていないと戸籍上では赤の他人のままです。
その状態で相手の相続人になれるかというと、なれないんですね。
相続人の確定で大事なのは戸籍上の関係で、故人が生きていた頃の関係性ではないんです。

似たようなケースに、配偶者の連れ子もあります。
結婚した時点で生まれていた相手の子供は、正式には自分の子供ではありません。
配偶者との間に婚姻関係はあっても、その連れ子との間には正式な関係がありません。
そのため、これまで事実上の親子として何の問題もなく過ごしてきたとしても、配偶者の連れ子は実親の結婚相手の相続人にはなれないんです。

このように相続人の確定には戸籍上の関係が大事ですから、確定前には必ずこれを確認しないといけません。
必要なのは、故人の出生から死亡までを辿れる一連の戸籍です。
戸籍は作り替えられることがあるため、故人の戸籍も一つだけとは限りません。
複数あるならそのすべてを入手し、故人が生まれたときから死亡するまでの間の家族関係をすべて確認できるようにするのが基本です。

これをしないといけないのは、戸籍が作り変えられたとき、以前のものに書かれていた情報が省かれることがあるからです。
よくあるのが、古い戸籍に誰も知らなかった以前の婚姻関係が載っていたというもの。
離婚するとその情報は戸籍に載りますが、法改正などをきっかけに新しいものが作られると、以前の婚姻関係などは省略されることがあります。
新しい戸籍を見るとまるでその人はこれまで結婚歴がないように見えますが、以前の戸籍を見ることで、それが違うとわかるんですね。

実際に古い戸籍をチェックすることで、付き合いが切れているものの、故人には他にも子供がいることが判明することもあります。
ちなみに相続人は故人との戸籍上の関係で決まりますから、たとえ付き合いが切れていても、故人に子供がいれば最優先で相続人に確定します。
このように相続人を確定するときは、戸籍を確認することが大事です。