相続人と被相続人 - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 相続人と被相続人

相続人と被相続人




遺産相続をするときに最初に知っておかなければならないのが被相続人と相続人の関係で、これは遺産相続のもっとも基本的な部分でもあります。
遺産相続は誰もが何回も経験するものではありませんし、生涯に1度きりという人も多いと思いますのでほとんどの人が初心者です。
普段から法律や税金に関して学んでいる人や弁護士や司法書士、税理士の仕事をしていれば別ですが、そうでないなら本当に基本的な部分から学ぶ必要があるでしょう。

まず被相続人とは亡くなった人のことを指したワードで、財産を所有している人のことです。
一方相続人とは被相続人が亡くなった後に所有している財産を引き継ぐ人で、これにはあらかじめ決められたことがいくつかあります。
一般的に相続人になるためには被相続人と家族関係である必要があり、優先順位は配偶者がもっとも高く、次に子供、3番目が父母祖父母、最後に兄弟姉妹という順番になります。

これが法定相続人の順位で、必ず財産を引き継ぐことができるのは配偶者と子供のみで、父母祖父母は配偶者と子供のどちらかがいなかった場合、兄弟姉妹は配偶者・子供・父母祖父母のうち2つがいない場合にのみ相続権が与えられます。
したがって被相続人に配偶者と子供2人いる場合は父母祖父母と兄弟姉妹に相続権は与えられませんし、配偶者のみの場合は父母祖父母が繰り上げで相続権を得て、配偶者のみの場合は兄弟姉妹にも相続権が与えられます。

さらに相続できる財産の割合も被相続人との関係によって変わってきて、配偶者と子供の場合は配偶者が全体の2分の1の財産を相続することができ、残りの2分の1を子供で分け合います。
配偶者と父母祖父母の場合は配偶者が全体の3分の2の財産を相続し、残りの3分の1を父母祖父母で分けます。
そして配偶者と兄弟姉妹の場合は配偶者が全体の4分の3の財産を相続し、残りの4分の1を兄弟姉妹が相続します。

このように優先順位が高い順番で相続できる割合も大きくなりますから、こちらも覚えておきましょう。
今紹介したものはあくまでも基本的なことで、たとえば被相続人が生前に遺言書を残しておりそれが裁判所の検認によって認められた場合はそちらが優先されますから、先ほど紹介した割合が変わってくる可能性もあります。
さらに本来相続する権利がある人でも相続欠格事由がある人は相続できませんし、被相続人によって相続廃除を希望されている場合は相続する権利は与えられません。