相続人の確定手続きとは - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 相続人の確定手続きとは

相続人の確定手続きとは

亡くなった身内の相続をするため、相続人の確定手続きが必要になったら、何をしたらいいでしょうか?
すぐに取り掛かりたいのは、故人の戸籍を入手すること。
相続人は原則的に故人の配偶者や血縁者になりますから、それを公的に確認できる資料として、戸籍を取り寄せたいんですね。

この戸籍の請求先ですが、もちろん役場です。
ただし、最寄りの役場ではありません。
その人が在籍している戸籍は、その人の本籍地の役場で入手できます。
相続人を確定するため、故人の血縁者をすべてチェックしたいなら、故人の本籍地の役場で戸籍を請求してください。

ちなみに本籍地とは、現住所とは違います。
その人の籍が置かれている名目上の住所といったもので、動かしていなければ本人の出生地がそのまま本籍地になっていることも多いです。
その方が出生地から離れた場所で暮らしていた場合、ほとんど行ったことのない場所が本籍地になっていることもありますね。
戸籍を手に入れるためにも、まずは故人の本籍地を特定しましょう。

それがわかったら、その役場まで請求をします。
直接訪問して手続きしてもいいですし、郵送でも請求できます。
請求先の住所が遠く離れている場合、郵送で請求するのがいいですね。

ここで、請求したいのは「戸籍謄本」になる点に注意してください。
戸籍には「謄本」と「抄本」の2種類があります。
戸籍謄本とは、その戸籍に載っているすべての人間の情報が網羅されたもの。
それに対して戸籍抄本とは、その戸籍の中の特定の人間の情報に絞ったものです。
今必要なのは、故人と親族関係にあるすべての人間の情報ですから、基本的に戸籍謄本の方を請求してください。
よくわからなければ、相続が起きていること、相続人を確定するために必要といった事情を説明して、すべての戸籍情報が欲しいと伝えるのもOKです。

このように、相続人確定の手続きは、ほとんどが戸籍謄本の入手手続きになることが多いですね。
これがあれば、あとは中身をチェックし、故人と血縁関係にある方をリストアップするだけです。