相続税の申告 - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 相続税の申告

相続税の申告



遺産相続をするときに相続税がかかるかもしれないと思った場合、どのようにすればいいのでしょうか?
ここでは相続税を申告するまでの流れを簡単に説明していきますので、これから遺産相続をする可能性がある人は参考にしてください。

はじめに相続税の申告までのステップは大きく分けて4段階あり、1ステップ目は「相続財産の特定」です。
相続税がかかるかどうかは当然ながらどれだけの財産を相続するかによって決まりますので、まずは相続財産がどれくらい残されているのかきちんと特定しておかなければなりません。

同時に誰が相続人になるかも明らかにしておく必要があるので、戸籍調査と財産調査を並行して行います。
相続人となる権利があるのは被相続人の配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹のみで、優先順位もこの順番になります。

また養子も子供と同じ扱いになりますから、優先順位も2番目になりますので、たとえば離婚歴があって子供を前妻が引き取っていたとしてもその子供の相続権は残されます。
ただし離婚した配偶者に関しては相続権がありません。

2ステップ目は「相続財産の評価」で、これは財産調査をしたのちにそれらがどれくらいの価値があるのか評価していく作業です。
評価は現金のようにすぐに明らかにできるものばかりならいいのですが、不動産や株式の場合は専門家に評価してもらわなければなりませんので、それぞれひとつずつ評価していくことになります。

また、財産調査をした結果マイナスの財産のほうが多く相続放棄や限定承認をしたい場合は相続スタートから3カ月以内にしなければなりません。
そして3ステップ目は「遺産分割協議」で、これは誰がどの財産を相続するのかを協議することです。

遺産分割協議は相続人全員が揃っている必要があり、そこで作成される遺産分割協議書は相続手続きのときに必要になる重要な書類になります。
ただし全員が揃っていないと効力がありませんので、必ず相続人全員が揃っているかを確認してから遺産分割協議を行ってください。

最後のステップは「相続財産の名義変更」で、これが終わればあとは相続税がかかるかの計算をしてかかる場合は相続スタートから10カ月以内のところで税務署に申告します。
相続財産の名義変更も財産によって方法が異なりますから、自分が相続する財産がどのような名義変更手続きをするのか、必要書類は何かを調べておきましょう。

この点は名義変更を行う場所に問い合わせれば教えてくれますので分からないときは電話やメールで聞いてみてください。