現在の基礎控除額と相続税率 - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 現在の基礎控除額と相続税率

現在の基礎控除額と相続税率



相続税について考えるときに意識しておかなければならないことが2つあって、ひとつは基礎控除額と配偶者控除額について、もうひとつは相続税率についてです。
この2つは相続税を計算するうえでの基本となりますから、遺産相続する人はどのようになっているのかきちんと頭に入れておきましょう。

はじめに相続税の制度は平成27年の1月1日から改正されており、その結果基礎控除額の計算方法と相続税率は変更されています。
これを知らないまま旧制度で当てはめてしまうと計算がおかしくなってしまいますし、不足分が出てしまう可能性も高いので注意してください。

もし不足分が出てしまって相続税申告の期限が過ぎてしまった場合はペナルティが発生し、追加で徴収されてしまいますから負担もより多くなってしまいます。
それではまず基礎控除額の変更についてお話していきますが、基礎控除額の計算方法は平成26年の12月31日までの時点では5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)で計算することができましたが、平成27年1月1日以降は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)に変更されています。

たとえば法定相続人が5人いると想定した場合、旧制度の計算方法だと5,000万円+(1,000万円×5)なので基礎控除額は1億円になります。
しかし現行制度で計算すると3,000万円+(600万円×5)となりますので、基礎控除額は6,000万円まで引き下げられますから、およそ4割も減っていることになります。

そして相続税率ですが、こちらは平成26年12月31日までは1,000万円以下は税率10%、3,000万円以下は税率15%で控除額が50万円、5,000万円以下は税率20%で控除額が200万円、1億円以下は税率30%で控除額が700万円、3億円以下は税率40%で控除額が1,700万円、3億円超は税率50%で控除額が4,700万円となっていました。
しかし平成27年1月1日以降は1,000万円以下は税率10%、3,000万円以下は税率15%で控除額が50万円、5,000万円以下は税率20%で控除額が200万円、1億円以下は税率30%で控除額が700万円、2億円以下は税率40%で控除額が1,700万円、3億円以下は税率45%で控除額が2,700万円、6億円以下は税率50%で控除額が4,200万円、6億円超は税率55%で控除額が7,200万円に変更されました。