相続税率 - どうする?相続人の確定

相続税率



これから遺産相続をする人であれば、おそらくほとんどの人が相続税がかかるかもしれない…という点を気にしていると思います。
ただ相続税はすべての相続人が対象になるわけではなく、相続する財産の総額や基礎控除額、配偶者控除額によって変化します。

加えて相続税が発生することになっても、総額がどれくらいかによって相続税率が変わってくるので、実際の納税額もひとりひとり異なります。
そこでまず知っておかなければならないのは自分が相続税の対象になっているのか?という点で、相続税には基礎控除額と配偶者控除額というものがありますから、この計算からはじめます。

基礎控除額の計算は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)の計算式で出すことができ、たとえば被相続人に3人の相続人がいるなら3,000万円+(600万円×3と)となりますので基礎控除額は4,800万円になります。
たとえば相続する財産の合計が6,000万円だった場合、基礎控除額の4,800万円を引いた1,200万円が相続税の対象になります。
配偶者控除は配偶者だけが適用される制度で、基礎控除額の範囲内か1億6,000円を超えなければ非課税になるというルールになっています。

次に相続税の税率についてですが、これは課税価格によって変動するので基礎控除額も税率に当然影響されます。
課税価格に対しての税率、控除額は以下のようになります。

1,000万円以下の場合は10%
3,000万円以下15%の場合は50万円

5,000万円以下20%の場合は200万円
1億円以下30%の場合は700万円

2億円以下40%の場合は1,700万円
3億円以下45%の場合は2,700万円

6億円以下50%の場合は4,200万円
6億円超55%の場合は7,200万円

このように相続税率は相続する財産によって変動しますので、相続税の対象となる財産を出してから当てはめてみてください。
ちなみに相続権を得られるのは被相続人と家族関係にある人のみで、配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹という順番で優先順位が決まっています。

ただし遺言書が残されている場合はその限りではなく、遺言書の内容に沿ってすすめられますので覚えておきましょう。
相続税については自分だけで判断するのはやや危険ですから、税理士に依頼して進めて行くことをおすすめします。

そのほうがスムーズに進められますし、知らなかったこともアドバイスしてもらえるので今後に活かせます。