相続税の対応と弁護士 - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 相続税の対応と弁護士

相続税の対応と弁護士



近しい人が亡くなり、遺産相続が起きたとき、自力で対応できることばかりではありません。
自力での対応が難しいときは、専門家に依頼するのもおすすめです。
相続で頼れる専門家の一人になっているのが弁護士です。
相続で起きたトラブルの解決などを依頼できます。
非常に頼もしい専門家となりますが、依頼できる内容はある程度把握しておきましょう。
特に相続でありがちな相続税の対応は、弁護士への依頼は難しいことも多いです。

弁護士は何の専門家かというと、法律や訴訟、その他のトラブル解決の専門家となります。
相続のときに多い依頼は、相続人同士のトラブル解決や、その延長にある訴訟対応です。
遺産相続ではトラブルが起きることもよくあります。
相続人同士に日常的な付き合いがあるとは限りませんし、そのような相手と大きなお金の絡む話し合いを行うわけですから、どうしてもトラブルになりやすいのです。

相続人同士の話し合いで解決しなくなったら、弁護士への依頼を考えたいときです。
弁護士に依頼すると、まずはこの専門家が間に入り、話し合いをまとめてくれます。
法律のプロで、普段からこのようなトラブルの解決に携わっている弁護士が間に入ることで、話し合いがまとまることもよくあります。

もしそれで話がまとまらなければ、訴訟に発展することもあります。
弁護士ならこのときの対応も可能です。
最終的には判決が出て、遺産分割のトラブルを解決できます。

相続時に弁護士に依頼をしたいのはこのようなことになり、相続税のことはあまり含まれません。
相続税で専門家によく依頼されるのは、この税金の対応方法の相談や、実際の申告手続きの代行についてです。
これができる専門家は税理士だけです。
税理士以外がこれら業務を請け負うことはできませんので、弁護士にこれら依頼はできません。
弁護士は相続で非常に頼れる専門家ですが、何にでも対応できるわけではありませんから、注意してください。

ただし、相続税についての間接的な依頼や相談ならできることもあります。
それが相続人の確定に関することです。
相続税は相続人に確定した方が申告を行うのですが、誰が相続人になるのかも、遺族が自分たちで調査を行い、確定します。

このときには確定のルールもあるのですが、慣れていないとよくわからないことも多いでしょう。
このようなときには、弁護士に依頼や相談ができます。
これにより相続人が誰か確定すれば、その方が以降は相続税の対応も行っていきます。
このように相続税の申告に間接的に関わることなら弁護士に依頼や相談ができることもありますが、申告手続きなどに関わる直接的な内容は依頼できませんので、注意してください。