相続税とは - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 相続税とは

相続税とは

image

相続が起きたあとは相続人を確定していくのですが、この方たちは何をするのかというと、故人が残した遺産を引き継ぐのです。
現金や預金、不動産といった資産を引き継げることもあるため、非常にお得だと思われがちですが、相続人に確定すると相続税の納税義務者にもなります。
名前だけは聞いたことがあるかもしれませんが、あまり日常的に経験することはない税金ですよね。
相続税とはどんな税金なのか、簡単にご紹介します。

この税金は何に対して課税されるのかというと、相続される財産に対してです。
被相続人が亡くなったあと、故人が持っていた現金や預金類は基本的に相続人へと引き継がれます。
このときにその財産には相続税がかかるため、法定相続人に確定して実際に財産を相続したら、この税金への対応をしないといけません。

相続税は税率が重いと言われることもよくあります。
では相続人に確定して実際に遺産を受け取ると、その課税で苦労することが多いのでしょうか?
そのような不安を持たれがちですが、実際には相続税がかからないケースもよくあります。
そのため相続を経験し、実際に遺産を受け取ったものの、税金はまったく払っていないという方もおられます。

その理由は、相続税は基礎控除が比較的大きいためです。
この税金の基礎控除は最低でも3000万円あります。
さらに法定相続人の人数で増減する基礎控除もあり、1人あたり600万円の基礎控除が加算されます。
故人の遺産がこの基礎控除の金額を超えない限り、相続税はかかりません。
そのためある程度の資産家でないと、相続税は実際にはかからないことも多いのです。

ただし、実際に税金がかかるかどうかはケースバイケースです。
法定相続人に確定した方は、必ず自分たちで相続税がかかるかを調べる必要があります。
その調べ方は故人の遺産を一度集計して、相続税の基礎控除を超えるかどうか確かめるという方法になります。

税務署や市町村から、相続税の納税通知などが送られてくるといったことは基本的にありません。
これは法定相続人の方で遺産の集計等を行い、申告の必要性の判断から、実際の申告手続きまで行うという税金になっています。
法定相続人に確定するとこのような責任も生じますから、忘れずに対応してください。

相続税の必要性がよくわからなかったり、申告手続きが本当に必要になったりすると、税理士が頼られることも多いです。
相続税は確定申告などよりずっと複雑な税金で、自分で対応するのが難しい税金になっています。
確定した相続人達だけでの対応が難しいと思ったら、遠慮せず専門の税理士を利用してください。