相続税率ってどれくらい? - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 相続税率ってどれくらい?

相続税率ってどれくらい?

image

相続人を確定したあと、相続できる財産がある場合、次に気になるのは相続税のことではないでしょうか?
負担が重いとよく言われる税金ですが、その相続税率は実際にどれくらいになるのかご紹介しましょう。

その税率は、10~55%の間で決まっており、対象になる金額に応じて8段階設定されています。
1番税率が低いのが10%です。
この税率になるのは、対象金額が1000万円以下の場合。
これが相続税の中でもっとも低い相続税率になります。

次に対象金額が1000万円を超え、3000万円以下の場合は15%になります。
これが2番目に低い相続税率です。
そして対象金額が3000万円を超え、5000万円以下の場合は20%になります。
これが3番目に低い相続税率ですね。

このように相続税率は対象金額が増えるにつれ、税率も上がっていく仕組みです。
対象金額が5000万円を超え、1億円以下のところでは30%。
1億円以上、2億円以下のところでは40%。
2億円以上、3億円以下のところでは45%。
3億円以上、6億円以下のところでは50%。
6億円を超えると、相続税の最高税率となる55%になります。

具体的な相続税率はこのようになっていますが、この税率はよく言われるように高い方なのでしょうか?
これについては、対象金額が高くなると税率も高くなるため、やや負担の重い税金となりがちです。
資産家の方にとってはできるだけ避けたい税金となるかもしれません。

ただし、相続人に確定して相続税への対応をするときは、この税金の仕組みはよく確認してください。
実際にはこの税金がかからないケースもよくあります。

相続税にも基礎控除があり、この範囲内に収まれば税金はかかりません。
そしてその基礎控除は最低3000万円と比較的高く、実際に起きた相続の9割近くがこの基礎控除を超えないため、非課税となっています。

そして仮に基礎控除を超え、課税対象の金額があったとしても、その金額に対して相続税率が決まるわけではありません。
相続税の税額を実際に計算するときは、基礎控除を超えた範囲の金額を、一度相続人同士で分割したものと仮定します。
このときの分割率は、法定相続分をそのまま使用します。

この状態で各相続人に割り当てられた金額が対象金額となり、先にご紹介した区分に応じて税率を適用するのです。
基礎控除を超えた金額をさらに分割した状態で税率を適用するため、思ったよりは相続税率が低くなることもあります。

もちろん遺産が高額になるほど相続税率も高くなりがちですが、相続税だというだけで、非常に重い税率が無条件で課されるわけではありません。
相続人に確定したらこのような相続税の仕組みをよく確認して、自分のケースで適用される税率がどれくらいか調べてみてください。