相続人が一人のときの遺産分割協議書 - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 相続人が一人のときの遺産分割協議書

相続人が一人のときの遺産分割協議書

image

・一人でも遺産分割協議書は必要?
遺産相続が起きたときには遺産分割協議書を作ります。
これは相続人の誰が何をどれだけ相続するのかをまとめた書類です。
遺産分割案は相続人同士の話し合いで決めますから、最終的にまとまった案を書類にまとめておかないと、結局どのような案で合意したのかわからなくなりますよね。
そのためにこのような書類を作るのですが、では相続人が一人だけだったときも必要なのでしょうか?

相続人は複数人いる場合が多いですが、一人だけとなる場合もあります。
このときに遺産分割協議書は無理に必要ありません。
そもそも相続人が一人しかいないのなら、その一人がすべての遺産を相続することになるためです。
相続人以外に遺産を相続する権利を持つ方はいませんから、一人しか相続人がいないのなら遺産分割協議書といったものは必要ありません。

・本当に相続人は一人か注意を
先にご紹介したように相続人が一人だけだと遺産分割協議書は作らなくてOKですし、そもそも遺産分割協議が必要ありませんから非常に手続きが簡単です。
ただ気をつけたいのは、本当に相続人が一人しかいないのかということ。
間違いなく自分一人だと思っても、必ず相続人の確定作業はきちんと行ってください。

相続人になる資格があるのは故人と戸籍上の関係があることが前提です。
その上で子供や親など特定の続柄がある場合に相続人に確定する可能性があります。
実際に確定するときには続柄に優先順位があり、もっとも高い順位にある続柄の方が生存しており、本人が相続を放棄しない限りはその方が相続人になるのです。

このように相続人は戸籍上の関係や故人との続柄によって決まるのですが、このときには戸籍謄本を見て調べてください。
実際に相続人になるのは故人の配偶者や子供、孫といった親族になるため、戸籍謄本などを見なくてもわかると思うかもしれません。
しかし戸籍謄本を見ることで意外な相続人が見つかることもあるのです。

・戸籍謄本を見て相続人を調べよう
戸籍謄本を調べたいのは故人の前の配偶者との子供や隠し子など、存在を知らない親族がいる可能性があるためです。
その戸籍上の関係で相続人に確定する場合、たとえ面識や付き合いがなくても相続人には確定します。
このようなケースがあるため、自分一人が相続人だと思っても必ず故人の戸籍謄本を調べた上で判断してください。
そしてもし自分以外にも意外な相続人がいた場合、その方と遺産分割協議を行う必要がありますし、遺産分割協議書の作成も必要となります。