相続人確定に必要な法定相続人の決まり - どうする?相続人の確定

どうする?相続人の確定 > 相続人確定に必要な法定相続人の決まり

相続人確定に必要な法定相続人の決まり

相続人を確定するためには、戸籍謄本を入手し、故人の親族を調べるのが基本です。
このとき、故人と関係性があれば相続人の候補ではありますが、その全員が実際に相続するわけではありません。
これら候補者の中で正式に相続人として決まるのは、法律で決められている法定相続人の規定によります。

相続が起きたとき、実際に誰が相続するのかは、法律ですでに決まっているんです。
大まかに言えば故人の親族や血縁者ですが、これだけでもたくさんの人数がいますよね。
その中でも優先順位が決められています。

もっとも高い順位であり、相続人として確定しやすいのが、「故人の配偶者・子供」です。
故人にはまだ生存している配偶者と子供がいるなら、この方達が最優先で相続人となります。

この次の順位が、「故人の配偶者・両親など」です。
故人に現在生存している子供が一人もいない場合、この形となります。
配偶者が候補となるのは共通で、もう一方の相続人は故人の両親や祖父母ですね。
厳密に言うと「故人の先祖」となり、より故人に近い親族が相続人となります。
両親と祖父母の両方が健在なら「両親」が、両親がおらず祖父母だけがいるなら「祖父母」がそれぞれ相続人に確定します。
ちなみに、祖父母と曽祖父母しかいない場合は「祖父母」となり、曽祖父母しかいないなら「曽祖父母」です。

このように故人の両親等もいなければ、最後の順位として「故人の配偶者・兄弟姉妹」が相続人です。
ここでいう兄弟姉妹とは、故人の兄弟姉妹です。

故人の親族のうち、相続人として確定するのはこのような方達なんですね。
決まり方もすでにわかったかもしれませんが、優先順位制となっています。
最優先で相続人となる「配偶者・子供」がいれば、その時点でその方達が相続人に確定します。
これ以外の候補者は、相続人にはなりません。
子供がいなくて「配偶者・両親など」が相続人に確定したら、次の順位の候補者だった「故人の兄弟姉妹」はもう相続人になれないんです。
このような法定相続人の決まりが法律で決まっていますので、特に遺言等もないなら、コレに沿って故人の親族の中から相続人を確定してください。